第4回 開発者コラム~赤黄デッキ~


いつも「コード・オブ・ジョーカー」をご利用いただきありがとうございます。

 

第4回の今回は赤黄デッキを紹介したいと思います。

 

%e7%ac%ac%ef%bc%93%e5%9b%9e%e9%96%8b%e7%99%ba%e7%94%a8%e8%b5%a4%e9%bb%84

 

カード名 枚数 カード名 枚数
1-3-009 原初神ガイア ×3  2-0-208 ライトニングドラゴン ×3
 1-4-008 破壊少女シヴァ ×3 1-4-224 始世姫ジョカ ×1
 1-4-303 三叉・トリシューラ ×3 1-2-063 世界創世  ×1
 2-0-001 ヒートドラゴン ×3  SP-031 無限の魔法石  ×3
 2-0-005 炎剣・レーヴァテイン ×3 1-4-327 紅蓮の命  ×1
 PR-108 暗黒機神ダークカイザー  ×3 1-2-068 人身御供  ×2
SP-001 デビルウィンナー  ×3 1-3-126 ライブオンステージ ×2
 SP-003 裁きのマーヤ ×3 1-4-246 デストラクションスピア  ×1
1-4-215 聖槍・ロンギヌス ×2

 

得点力が乏しかったところを≪暗黒機神ダークカイザー≫のスピードムーブと

≪ライトニングドラゴン≫の行動権消費効果で補ってみました。

 

そして≪暗黒機神ダークカイザー≫とジョーカー≪ブレイブシールド≫

のコンボで一気にライフを奪えます。

 

 

■最初の手札(マリガン)

まず序盤の動きを決めるマリガンの説明をします。

先攻

≪ヒートドラゴン≫

≪ヒートドラゴン≫≪人身御供≫

≪ヒートドラゴン≫+武身ユニット

 

≪ヒートドラゴン≫を基準にして、マリガンしていきます。

慣れてきましたら、次のターンに使えるカードもマリガンしていきましょう。

 

後攻

≪炎剣・レーヴァテイン≫

≪デビルウィンナー≫≪ 裁きのマーヤ≫

≪ヒートドラゴン≫or≪デビルウィンナー≫≪人身御供≫

 

後攻は≪炎剣・レーヴァテイン≫≪デビルウィンナー≫≪ 裁きのマーヤ≫を軸にマリガンしていきます。

≪炎剣・レーヴァテイン≫で相手が先攻に出したユニットを破壊していくか、

≪デビルウィンナー≫から≪ 裁きのマーヤ≫に進化させてからアタックし、

1ライフダメージを与えてペースを握っていきましょう。

 

 

■ゲームの流れ

序盤はCPが増えるまで武身ユニットや≪人身御供≫で凌いでいきます。

 

そして中~後半は≪ライトニングドラゴン≫で行動権を消費させたり、≪原初神ガイア≫で相手のユニットを破壊しながらライフダメージを与えていきます。

 

終盤は≪紅蓮の命≫≪デストラクションスピア≫で自分のライフをうまく3ライフ以下になるように調整して、≪暗黒機神ダークカイザー≫≪ブレイブシールド≫で相手を倒していきます。

 

あとポイントとしてはうまく≪ライブオンステージ≫≪始世姫ジョカ≫を使って相手に展開を許さないようにすることです。

赤黄デッキは展開した相手にターンを返してしまうと大量にライフダメージを受けてしまうので気をつけましょう。

 

 

 

今回も動画を用意いたしました。

動画リンクはこちらです

http://www.nicovideo.jp/watch/1479978316


 

■動画の解説

動画の解説と、なぜそのようにプレイしたか、その時の考えなどを解説していきます。

 

●1ラウンド

<行動>

相手のユニットを≪ 炎剣・レーヴァテイン≫で破壊し、≪ライブオンステージ≫をトリガーゾーンにセットしてターンを終了しました。

<予測>

≪ライブオンステージ≫をセットした理由としては手札にもう1枚ありますし、

相手がこちらの無色カードを少しでも警戒してくれたらと思い伏せておきました。

また相手は黄単デッキと予想できますので≪ジャンプー≫もケアすることができます。

 

 

●2ラウンド

<行動>

相手の盤面を処理できるカードを1枚も引けませんでしたので、≪無限の魔法石≫の効果で

≪人身御供≫を手札に加えました。

手札消費が激しかったですが、序盤に展開されて失点するのは危険ですので仕方なかったと思います。

 

●3ラウンド

<行動>

≪デビルウィンナー≫を出してターンを終了しました。

≪破壊少女シヴァ≫レベル2を出すことはできましたが、オーバークロックした方が強いので温存しました。

 

 

●4ラウンド

<行動>

≪破壊少女シヴァ≫のオーバークロック効果で≪ダークプリースト≫を破壊しました。

そして≪無限の魔法石≫の効果で手札に加えた≪ 炎剣・レーヴァテイン≫≪司令官テイアー≫を破壊し、攻勢に出ました。

<予測>

次の相手のターンに≪天空神機ゼウス≫を簡単に出させたくないと思い、相手に進化できるユニットを残さないように全部破壊しました。

 

 

●5ラウンド

<行動>

≪デビルウィンナー≫から≪原初神ガイア≫に進化させて相手のユニットを破壊しアタックしました。

<予測>

≪炎剣・レーヴァテイン≫レベル3を手札に持ちながらトリガーゾーンに≪デストラクションスピア≫をセットしています。

そしてジョーカー≪ワンダフルハンド≫がありますので、相手のジョーカー≪明天凶殺≫もケアできています。

かなり優勢になったと思います。

 

 

●6ラウンド

<行動>

相手が守りを固めてきたところに≪ 炎剣・レーヴァテイン≫≪聖槍・ロンギヌス≫を出しアタックしてライフダメージを与えていきます。

<予測>

最後に相手のトリガーゾーンのカードが≪ライブオンステージ≫かもしれないので≪原初神ガイア≫を撤退させてターンを終了しました。

 

 

●7ラウンド

<行動>

さきほどの相手ターンに≪天空神機ゼウス≫を出されました。

相手の≪デストラクションスピア≫を警戒していましたが、前のターンに相手のトリガーゾーンのカードに反応がなかったので、赤の軽減を1枚使い≪暗黒機神ダークカイザー≫を出しました。

≪暗黒機神ダークカイザー≫は【スピードムーブ】とアタック時に相手ユニットに

5000ダメージを与える効果を持つため、ジョーカーの≪ブレイブシールド≫

組み合わせることによって2度効果を発動することができます。

この効果によって相手の≪天空神機ゼウス≫を破壊しながら2ライフダメージを与えます。

 

 

●8ラウンド

相手の≪ライトニングドラゴン≫の効果によって【呪縛】を与えられ、≪暗黒機神ダークカイザー≫を止められてしまいました。

しかしこちらも≪ライトニングドラゴン≫を出し、相手ユニットすべてを行動権消費させ、≪ブレイブシールド≫を使用し≪暗黒機神ダークカイザー≫の行動権を回復させてアタックし、勝利しました。

 

 

■まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

改良案として≪暗黒機神ダークカイザー≫のCPが重くて使いにくいと感じましたら、

Ver2.0EX2の≪ジャック・ザ・リッパー≫と入れ替えてみましょう。

あと≪ライブオンステージ≫≪花の高原≫に入れ替えてみたりするのも面白いと思います。

 

 

 

 

 

12月22日(木)にVer2.0EX3が稼働します。

st09_campaign_excard3_v20

 

Ver2.0EX3のカードで赤黄デッキにオススメのカードを2枚紹介します。

 

12

 

コスト7で強力な効果を持ったカードです。

≪ライブオンステージ≫≪花の高原≫でCPを増やし、早いターンでフィールドに出すとより強力です。

 

45

 

≪原初神ガイア≫と合わせて使うと全体に8000ダメージを与えることができます。

5回まで使用することができますので非常に便利なカードになります。

 

 

 

他にも強力なカードがたくさん入っていますので、手に入れてデッキを強化してみましょう。

 

 

それではまた次回のコラムでお会いしましょう。